説明書などは車買取の金額に関わる

車買取の金額

車には、色々な付属品があります。
例えば説明書などもその1つです。たいていそれは、車の中にしまって保管していると思うのですが。

 

ところで、その説明書は車買取ではポイントになってきます。結論から言うと、説明書は車買取の買取金額に影響するのです。
というのも買取業者としては、査定時には説明書の有無を見ているものなのです。例えば説明書が付属している車の査定金額は20万円だとしましょう。ところが説明書を紛失してしまっている車の査定金額は15万円などの具合です。

 

5万円は極端だとしても、説明書は車の価格に影響があることだけは確かです。ですのでもしも車の査定を依頼する前に説明書が紛失してしまっている場合には、今一度それを探しておいた方が良いでしょう。

 

また車のパーツの交換をしている時も、少し注意が必要です。車の純正品は、査定ではプラスになるケースが多いからです。ですのでパーツ交換をしている場合には、純正品に付け替えておくのも一法です。

 

いずれにしても車買取では、購入時に備わっていた付属品などは査定金額に関わってくる訳ですね。ちなみにそれは、車買取に限った話ではありません。オーディオ機器の買取などでも、説明書の有無は重視されます。またブランド物の買取などでは、箱の有無が見られる事も多いですね。ブランド物を収納していた箱がある方が、プラス査定になるケースが多いからです。

 

このように付属品がプラス査定になるというのは、買取の基本という訳ですね。もっとも車の説明書というのは、紛失してしまっている人の方が少ないようです。たいてい車内のどこかに収納しているからです。ただ万が一紛失してしまえば、査定ではマイナスになる訳ですね。
【ヴェルファイア買取】失敗せずに高値で売り切る法則

関連ページ

買取の時にプラスのオプションになるような物とは
車売却のテクニックをおしげもなく公開します!
装備は査定の時に良い影響を与えるでしょうか?
車売却のテクニックをおしげもなく公開します!